« ALLEYNEの航跡の司法の実地調査 | トップページ | ジルへのジャックから:現代の校舎の保護されたスピーチとしてのジェンダー表現 »

2015年8月 2日 (日)

促進母の犠牲:妊娠の間に調剤の消費を制御している規則は、どのように母の健康と自律性の上の胎児の安全に優先度を付けるか

RLSC 2015/07/31 12時40分01秒
女性には 摘要妊娠したグリーアDonley∞について定期的に直面している それらの妊娠期間の間に必要な医薬品を消費するかどうかのストレスが多い決定で 。主として、妊娠の間に調剤の薬消費と関連したリスクが未知なので、妊娠した女性両方は危険な医薬品を不注意に消費し、必要な薬を避ける。両方の結果は、妊娠した女性およびそれらの胎児に有害である。…

« ALLEYNEの航跡の司法の実地調査 | トップページ | ジルへのジャックから:現代の校舎の保護されたスピーチとしてのジェンダー表現 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1996576/61002501

この記事へのトラックバック一覧です: 促進母の犠牲:妊娠の間に調剤の消費を制御している規則は、どのように母の健康と自律性の上の胎児の安全に優先度を付けるか :

« ALLEYNEの航跡の司法の実地調査 | トップページ | ジルへのジャックから:現代の校舎の保護されたスピーチとしてのジェンダー表現 »